“向山洋一”って、どんな先生?―教え子が語るレジェンドの実像

個数:
  • ポイントキャンペーン

“向山洋一”って、どんな先生?―教え子が語るレジェンドの実像

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 319p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784181173111
  • NDC分類 375
  • Cコード C3037

内容説明

「諸君よ、別れは近い。この時にあたり多くを語るまい。一匹狼のたくましさと野武士の如き集団を、その心と魂を自らのものにしていけ」という大四小の担任・向山氏の卒業挨拶。あれから三十数年たった今、彼らの心に何がどう残っているのか、教育史に残る教え子の証言。

目次

品川区大森第四小学校・向山学級の三十年後
向山洋一―二十八歳の向山洋一が担任した四年間
五十嵐光司氏―人生のあらゆる場面で今も自分を支えている向山学級の二年間
岡部覚氏―「デカルト」日記の彼は今!
中村泰子氏―学んだことは、“あきらめない”ということ
松元雅子氏―追究するくせ とことんモードで生きる
松坂晴美氏―向山先生と出会い、人生が変わった
戸田貴久氏―「野武士の如き集団」と「一匹狼のたくましさ」がわかる歳になりました
古川潔氏―向山学級は落ちこぼれを作らない
岩瀬浩恵氏―この担任には絶対にウソはつけない!〔ほか〕