• ポイントキャンペーン

カメのスローワルツ〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 507p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784152092625
  • NDC分類 953

内容説明

歴史小説『かくも献身的な王妃』がベストセラーとなった後、パリに引っ越してきたジョゼフィーヌ(ジョー)と娘たち。しかし、ジョーを待っていたのは一筋縄ではいかないことばかり。姉のイリスは入院し、母には責められる。娘たちもどことなく冷たい。そこに事件が起きた。夜道でナイフを持った何者かに襲われたのだ―フランスでシリーズ累計400万部を突破した人気作、急展開の第二弾が登場。

著者紹介

パンコール,カトリーヌ[パンコール,カトリーヌ][Pancol,Katherine]
モロッコのカサブランカに生まれ、4歳のときフランスに帰国。大学卒業後は語学教師を経てジャーナリストとなる。1979年に初の小説Moi d’abordを発表。その後、ニューヨークに渡り、コロンビア大学でクリエイティヴ・ライティングを学ぶ。2006年に刊行された三部作の第一巻である『ワニの黄色い目』(早川書房刊)はたちまちベストセラーとなった

高野優[タカノユウ]
1954年生、早稲田大学政治経済学部卒、高野優フランス語翻訳教室主宰、フランス語翻訳家

荷見明子[ハスミアキコ]
早稲田大学第一文学部卒、フランス語翻訳家・ライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)