• ポイントキャンペーン

ぼくは考える木―自閉症の少年詩人と探る脳のふしぎな世界

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 557p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784152089946
  • NDC分類 936

内容説明

二人の母親の奮闘が、自分の意志で話すことも動くこともできない自閉症の少年たちの秘められた知性を引きだし、科学界の常識をくつがえす!静かな感動に震えるノンフィクション。

目次

心が去ってゆく
砂に耳を傾ける
インドの詩人
あたかもそうであるかのように行動する
初めての招待
お茶を飲む
悲惨なディナー
心のカオス
4マイナス1
見るあるいはきく
なにかが燃えている
深まる疑念
音の夢
銀河は星の集まり
ジャケット姿が男前
沈黙の下
ほかに何人いるのか?
歯車

著者紹介

アイバーセン,ポーシャ[アイバーセン,ポーシャ][Iversen,Portia]
テレビドラマや映画のセットデコレーター、アート・ディレクターとして活躍し、エミー賞も受賞していたが、次男ダブが1994年に自閉症と診断されてからは、その回復のために奔走し、夫ジョナサン・シェスタックとともに1995年にキュア・オーティズム・ナウ(CAN)財団を創設。現在ロサンゼルスに夫と三人の子供とともに住んでいる

小川敏子[オガワトシコ]
翻訳家。東京都出身。慶應義塾大学文学部英文科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)