Hayakawa  novels<br> 容赦なき牙

個数:

Hayakawa novels
容赦なき牙

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年08月21日 19時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 310p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152089540
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

一人の男がパラダイス警察署のジェッシイを訪ねてきた。男の名はウイルソン・クロマティ、通称クロウ。彼は十年前、スタイルズ島を襲撃し、数名の死者をだした事件の襲撃犯の一味だ。その際にクロウは、現金二千万ドルを手にまんまと行方をくらましていた。そんな彼が、なんのためにふたたびパラダイスに?その目的は人捜し。彼に人捜しを依頼したのは、フロリダの犯罪組織の大物ルイス・フランシスコだった。捜しているのはルイスの娘アンバーで、ルイスの妻が彼女を連れて出奔、パラダイス近辺に潜伏しているらしいところまではつかんでいたのだ。早速母娘の居場所を突き止めたクロウだが、ルイスから、母親の方は殺して娘のアンバーを連れて帰るように指示されると、言うことをきかずに母娘を助けようと考えた。ところが、アンバーのボーイフレンドのストリート・ギャングがルイスと取引し、母親を射殺、アンバーを連れ帰り高額の報酬を得ようとする。これに抵抗したアンバーは、クロウに助けを求めた。そしてクロウは、ジェッシイにアンバーの保護を頼むことに…。シリーズ第2作『忍び寄る牙』に登場したアパッチの戦士クロウが、ふたたびパラダイスに!同じ雰囲気を身にまとうジェッシイとクロウ、二人の猛者が相まみえる、シリーズ最新作。

著者紹介

パーカー,ロバート・B.[パーカー,ロバートB.][Parker,Robert B.]
1932年生まれ。1973年に私立探偵スペンサーが初登場の『ゴッドウルフの行方』で作家デビュー。1976年の『約束の地』でアメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞を受賞した

山本博[ヤマモトヒロシ]
1931年生、早稲田大学大学院法律科修了、弁護士・著述業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)