• ポイントキャンペーン

シティ・オブ・タイニー・ライツ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 386p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152086983
  • NDC分類 933

内容説明

不肖わたくしめは、ロンドンの裏街で探偵を営むパキスタン系イギリス人トミー・アクタル。人生において知るべきことはクリケットから学び、ワイルド・ターキーと煙草がなくては手先が震えるアフガニスタン帰りの元聖戦士ってとこだ。そんなわたしの薄汚いオフィスに、ゼリーみたいなおっぱいの黒人娼婦がノックもなしに訪ねてきた。その名はメロディ・チェイス。行方不明の娼婦仲間を探してほしいという。下心からなんかじゃなく調査をはじめた優秀な(よく言うよ)わたしだが、事態はやがて下院議員殺害事件、さらにはロンドンを襲う自爆テロ騒ぎに発展してくって、マジかよ、こりゃ。ロンドンを襲った自爆テロ。ほんとうの犯人は誰なのか?ウィットブレット賞を射止めた英国の新鋭が紡ぎあげる、探偵小説のニュー・ボイス。

著者紹介

ニート,パトリック[ニート,パトリック][Neate,Patrick]
ロンドン生まれ。イギリスの新世代を代表する作家。ひょんなことからアフリカの小国で革命を指揮することになった英語教師の奮闘をコミカルに描いたMusungu Jim and the Great Chief Tulokoで2000年のベティトラスク賞、三つの大陸と二つの世紀を股にかけたジャズと家族の一大叙事詩Twelve Bar Bluesで2001年のウィットブレッド賞を獲得し、一躍脚光を浴びた。音楽評論も得意としており、ヒップホップ論Where You’re Atでは2004年の全米批評家協会賞を受賞している。『シティ・オブ・タイニー・ライツ』は、発売二週間後に、物語同様にロンドンで大規模テロが発生し、その予言的内容が話題を呼んだ

東野さやか[ヒガシノサヤカ]
上智大学外国語学部英語学科卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)