ハヤカワ文庫JA<br> 吉原美味草紙―人騒がせな蟹祭り

個数:
電子版価格 ¥858
  • 電書あり

ハヤカワ文庫JA
吉原美味草紙―人騒がせな蟹祭り

  • ウェブストアに82冊在庫がございます。(2021年05月09日 17時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 290p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150314781
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

一人前の料理人を目指すさくら。料理の師である竜次が直面した人生最大の困難に、さくらは心をこめた料理で助けになろうとする。

内容説明

妓楼の娘たちを支えるため、さくらは今日も工夫を凝らして滋養のある物を作る。だが、先代佐川から名を継ぎ、三代目を名乗るはずの千歳の声が出なくなる事態が起きる。花魁道中を行ない、華々しいお披露目をするはずなのに。さらにさくらの料理の師・竜次の様子がどうにもおかしい。岸和田で武士だったころの何かが関係しているようなのだが…温かな料理で過去の傷も未来の不安も包んでみせる、さくらの料理愛情物語。

著者等紹介

出水千春[デミズチハル]
大阪府茨木市生まれ。北野高校、大阪大学法学部卒。いづみちはるのペンネームでマンガ家デビュー、その後、小説を書き始める。次女は油彩画家の出水翼(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。