NHKブックス<br> 細胞の意思―“自発性の源”を見つめる

個数:
  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
細胞の意思―“自発性の源”を見つめる

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 219p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140911167
  • NDC分類 463

内容説明

体内に異物が侵入すると、自らをカーペットのように広げ、仲間たちと協力し合いこれを覆ってしまう大食細胞。目的地である生殖巣に向かって、さまざまな困難を乗り越え胚の体内を移動する始原生殖細胞。外的変化にしなやかに対応しながら的確に行動する細胞たちのけなげな姿を生き生きと描き、生命を分子メカニズムの総体ととらえる硬直した発想を超えて、細胞こそが自発性の根源であることを力強く打ち出す。生命という複雑な現象の本質に迫る野心作。

目次

第1章 細胞には三種類ある
第2章 細胞たちの華麗な組みダンス
第3章 細胞の思い、人間の思い
第4章 始原生殖細胞の旅
第5章 胚の細胞は、けっして赤ちゃんじゃない
第6章 細胞は生き続けたいと思っている
第7章 極限状態から立ち直る細胞たち

著者紹介

団まりな[ダンマリナ]
1940年、東京生まれ。階層生物学研究ラボ責任研究者。京都大学大学院理学研究科博士課程修了。専攻は発生生物学、理論生物学。大阪市立大学理学部助手、同大学教授を経て退官後現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)