• ポイントキャンペーン

NHKブックス
交流する身体―「ケア」を捉えなおす

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 259p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140910795
  • NDC分類 492.9

内容説明

知らぬ間に身体が患者に向かい、その手を握っていた―。他者の苦しみに手をさしのべるとき、人の内面では何が起き、何が変化するのか。新人看護師への長期にわたるインタビューをもとに、臨床現場での微細な経験の襞に分け入り、ケアをする者とされる者の間で、「病い」が分かちもたれる瞬間に迫る。ケアという営みの限りない可能性を探る、現場での経験と犀利な思考が交錯した稀有な一冊。

目次

序 「病い」は患者のなかに閉じられているのか
1 身体に耳をすます―看護学生の経験から(動かぬ身体との対話;押し戻す「病い」・引き寄せる「病い」;「患者の立場に立つ」ということ;「病い」の経験が更新されるとき)
2 二人でひとつの「病い」をつくる―新人看護師の経験から(看護がよくわからない;協働する身体;「気がかり」が促す実践;他者の痛みを感じとる―病名告知と「病い」経験)
「ケア」を捉えなおす

著者紹介

西村ユミ[ニシムラユミ]
1968年愛知県生まれ。大阪大学コミュニケーションデザイン・センター助教授。日本赤十字看護大学卒業後、神経内科病棟勤務、女子栄養大学大学院栄養学研究科(修士課程)、日本赤十字看護大学大学院看護研究科(博士後期課程)を修了。日本赤十字看護大学講師、静岡県立大学助教授を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)