• ポイントキャンペーン

NHKブックス
捕虜たちの日露戦争

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140910405
  • NDC分類 210.67

内容説明

世界を巻き込んだ日本、ロシア両帝国の激突。しかし、凄惨な戦闘の陰で両国は捕虜を厚遇した。その真実に秘められた両国政府の思惑とは。世界戦争のはしりといわれる日露戦争が終結して一〇〇年。新たに発掘された一級史料を基に、各種資料を渉猟し両国の旧俘虜収容所を訪ね、日露戦争の意義と影響を見つめ直す。これは、長く膠着した日本とロシアの関係史に新しい光を与え、進路を示唆する新たな日露戦争史である。

目次

第1部 日露戦争と日本人捕虜(メドヴェージ村へ;明治論壇の一大議論;捕虜になった連隊長;体験記で読む捕虜生活;シベリア抑留とは雲泥の差 ほか)
第2部 日露戦争とロシア人捕虜(七万人強の捕虜が日本へ;日本は捕虜を厚遇;厚遇のかげに;サハリンで、ロシア軍捕虜の殺害事件)