学校文化の比較社会学―日本とイギリスの中等教育

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 353p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130562058
  • NDC分類 376.3
  • Cコード C3037

目次

学校文化への視座
第1部 学校文化の構造(中学校とコンプリヘンシブ・スクールの成立と展開;南中学校―中学校の学校文化;リトルレイク・スクール―コンプリヘンシブ・スクールの学校文化)
第2部 学校文化の変容(マイノリティー・グループと学校文化―システム内的要因による変化;教育改革と学校文化―システム外的要因による変化;「指導」の変容―中学校文化の歴史的変化)
学校文化の比較社会学に向けて

著者等紹介

志水宏吉[シミズコウキチ]
1959年兵庫県西宮市に生れる。1986年東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。1986年大阪大学人間科学部助手。1988年大阪教育大学教育学部助教授。1995年東京大学大学院教育学研究科助教授。現在に至る(教育学博士)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本とイギリスの中等教育機関における丹念なフィールドワークを通して見出された「教師の活動とその背後にある論理」に着目し、教育現場のエートスを描き出す。さらに、教育の未来に向け、マイノリティー・グループの存在や教育改革の動向が学校文化に与える変容を考察する。