現代イスラーム思想と政治運動

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 354p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130341820
  • NDC分類 226
  • Cコード C3330

出版社内容情報

中東・中央アジア・南アジア・東南アジア・中国などの地域におけるイスラーム復興の思想と運動を分析し、その多様性と相互関係を明らかにしつつ、現代イスラーム思想の全体像を描く。

内容説明

イスラーム復興は何を求めて、どこへ行くのか。激動する現代の政治・社会と格闘するイスラーム思想家たちと世界に拡がる復興運動の諸問題を分析し、21世紀を展望する。

目次

激動の時代
1 イスラームを思想する人々(行動の思想、思想の実践;トルコのイスラーム潮流;南アジア・イスラームの地平;革命のイスラーム)
2 イスラーム運動の動態(中国のイスラーム新文化運動;ソ連解体後の中央アジア;グローバル時代のマイノリティ;イスラーム復興の企業家精神;インドネシアのイスラーム伝統派の思想革新)
未来を紡ぐ糸
現代イスラーム思想家群像

著者等紹介

小松久男[コマツヒサオ]
1951年生。東京大学大学院人文社会系研究科教授。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退(中央アジア近現代史)

小杉泰[コスギヤスシ]
1953年生。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授。エジプト国立アズハル大学イスラーム学部卒、法学博士(イスラーム学、中東地域研究、比較政治学)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。