教師と子どもの関係づくり―学校の臨床心理学

個数:

教師と子どもの関係づくり―学校の臨床心理学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年07月26日 21時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 299,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784130133005
  • NDC分類 371.43
  • Cコード C1011

内容説明

教師と子ども―その関係をどう築くのか、学校を中心にあたたかく説く。新しい「学校臨床心理学」の提案。

目次

第1章 子どもを動かす教師の力
第2章 学級の中の子どもたち―光を浴びる子どもと影に置かれる子ども
第3章 子どもたちの中の教師―「教師になること」の怖さ
第4章 関係を変えようとする教師
第5章 学校臨床心理学の成立

出版社内容情報

登校拒否など適応上の問題をかかえる子どもに関わるとき,子どもが通う学校の教師の影響の大きさに驚く.心理臨床家はそういう教師を手助けすることができること,適切な手助けをするためには,自らの力量を高めていかねばならないことを,豊富なケースを通して説く.