UP選書<br> 地中海 終末論の誘惑

  • ポイントキャンペーン

UP選書
地中海 終末論の誘惑

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784130020732
  • NDC分類 230

内容説明

期待と幻滅の交錯する「白い海」―この開かれた内海から、なぜ終末の預言が発せられたのか?諸文明が交流し、衝突をくり返してきた地中海世界を通して、世紀末の現代を読みとく。

目次

序章 歴史のなかの地中海
第2章 古代黙示文学の終末論
第2章 フィオーレのヨアキムの千年王国説
第3章 黙示録図像の変遷
第4章 ビザンティン思想における終末論
第5章 コロンブスと終末論
第6章 イスラーム暦千年を迎えるオスマン社会
第7章 天路歴程譚の系譜
第8章 イスラーム・スペインの終わらない終末
第9章 この世は恥辱と悪徳に満ち満ちているか
第10章 地中海の曙光
第11章 欲望の磁場
第12章 「東方」よ、勝ち誇れる「東方」よ
第13章 終末の太陽

出版社内容情報

様々な文明が交流し,衝突をくり返してきた地中海世界.この開かれた内海から,なぜ終末の預言が発せられたのか?黙示録とイスラームの海に反射する,哲学と芸術のさざなみの戯れ.期待と幻滅の交錯する地中海文明の内側から,世紀末の現代を読みとく.