奇異譚とユートピア―近代日本驚異“SF”小説史

個数:

奇異譚とユートピア―近代日本驚異“SF”小説史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月11日 10時52分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 529p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784120048357
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0095

内容説明

海外の小説の影響を受けながらも独自に発展した科学小説、冒険小説、政治小説をジャンル別に考察、当時の時代背景とその生成過程を分析する。

目次

異国幻視と江戸文芸の余韻
阿蘭陀SFと維新後の世界
文明開化への揶揄と反骨
世界はいかに可能か―明治初期のヴェルヌ・ブーム
宇宙を目指した明治精神
内地雑居の未来
ロビダの浮遊空間と女権世界
日本の中心で女権を叫ぶ若者たち
演説小説の多様な展開
予告された未来―それぞれの明治二十三年
挑発する壮士小説
進化論の詩学
国権小説のほうへ

著者等紹介

長山靖生[ナガヤマヤスオ]
評論家・歯学博士。1962年、茨城県生まれ。91年に鶴見大学大学院を修了。学生時代から文芸評論家として活動。横田順彌らと古典SF研究会を創設し初代会長を務める(名誉会長・小松左京)。大衆小説・科学小説・思想史研究・家族や若者の問題など、多ジャンルにまたがる旺盛な執筆活動を行う。96年、『偽史冒険世界』(筑摩書房)で大衆文学研究賞を受賞。2010年、『日本SF精神史』(河出書房新社)で日本SF大賞、星雲賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

明治期以降、ヴェルヌやロビダの影響を受けながらも、独自に発展した科学小説や政治小説の夢想力と生成過程を当時の世相から考察。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件