各県別路地裏の経済学〈2〉

  • ポイントキャンペーン

各県別路地裏の経済学〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120015168
  • NDC分類 332.1

内容説明

経済白書の穴を埋める「各論」白書

目次

岩手(観光立村を拒む三陸・田野畑村;「みちのく」ゆえの異質文化;「1・5次型」経済の脱皮)
神奈川(人口の“超”高度成長県;軽薄短小化する京浜工業地帯;故郷としての神奈川)
新潟(雪が培ったねばり強さと勝気;農家の副業から育った地場産業;地盤沈下からの巻返し)
愛知(保守の心と革新の心が同居;自動車中心、車優先;先端技術と新しい産業の波)
大阪(“正味”優先、サービス無用;町も産業も大阪商法で;東京との二眼レフ構造へ)
山口(分散化する「防長精神」;素材型からハイテク中小企業へ;本州最西端の立地を活かす法)
福岡(名実ともに九州の玄関口;福岡の積極、北九州の変身;深刻な筑豊、のびやかな筑後)
沖縄(南方文化と本土文化の混淆;焦土からの復興努力;困難な沖縄経済の自立化)