遠藤周作文学全集〈13〉評論・エッセイ(2)

個数:

遠藤周作文学全集〈13〉評論・エッセイ(2)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 448p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784106407338
  • NDC分類 918.68
  • Cコード C0395

内容説明

1968年から絶筆の「佐藤朔先生の思い出」へ至る後期の評論・エッセイ93篇。21世紀に贈る遠藤文学の貴重な遺産。

目次

悪魔についてのノート
永井荷風
死海を訪れて
現代日本文学に対する私の不満
ドストエーフスキイと私
美と信仰に裂かれて(亀井勝一郎)
私の中の「美しい村」
有馬、日之枝城
弱虫と強者とについて
モーリヤックと私〔ほか〕

出版社内容情報

二十一世紀に贈る国民作家遠藤周作の貴重な遺産。「永井荷風」から、「弱者の救い」「一枚の踏絵から」「異邦人の苦悩」を経て、晩年の「老いて、思うこと」まで。後期の評論・エッセイ九十三篇。