新潮新書<br> 男の貌―私の出会った経営者たち

電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮新書
男の貌―私の出会った経営者たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 182p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784106105036
  • NDC分類 335.21
  • Cコード C0234

内容説明

「勁さ」と「優しさ」を持つ者が、真のリーダーである―。なぜ日本ではリーダー不在がつづくのか?本当に人材はいないのか?長年にわたって数多くの経営者たちの姿を見つめてきた経済小説・企業小説の第一人者。その眼が捉えた本物のリーダーの姿とは。“財界鞍馬天狗”の異名をとった中山素平をはじめとして、昭和時代を担った男たちの素顔と実像を伝えながら、漂流する現代日本の病巣を撃つ入魂の全6章。

目次

第1章 財界鞍馬天狗の素顔―中山素平(日本興業銀行・特別顧問)
第2章 長靴に作業着の慈顔―森和夫(東洋水産・創業者)
第3章 博士号経営者の温顔―八谷泰造(日本触媒・創業者)
第4章 さまざまな出会い
第5章 「悪」を描くとき
終章 リーダーの条件

著者等紹介

高杉良[タカスギリョウ]
1939(昭和14)年、東京生まれ。作家。化学業界専門紙の記者、編集長を経て、1975年に『虚構の城』でデビュー。以来、綿密な取材に裏打ちされた描写により、経済社会・企業組織の問題点を抉り出す作品を次々に発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

経済小説・企業小説の第一人者が、その眼で捉えてきた本物のリーダーたちの素顔とは? 入魂の全6章。

その素顔には、いつも「勁さ」と「優しさ」が滲み出ていた。経済小説・企業小説の第一人者の眼が捉えた本物のリーダーの姿とは。“財界鞍馬天狗”の異名をとった中山素平をはじめとして、時代を担った男たちの実像を伝える。