革命いまだ成らず〈下〉―日中百年の群像

個数:
電子版価格 ¥1,382
  • 電書あり

革命いまだ成らず〈下〉―日中百年の群像

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月20日 02時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 302p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784105297077
  • NDC分類 222.071
  • Cコード C0095

内容説明

孫文を救え。列強に蹂躙される隣国の革命家を、日本の壮士たちは命懸けて助けた。感動の人物エピソードが明かす20世紀の意外な真実。

目次

これは中国の薩長同盟だ―孫文・黄興の中国同盟会
百年後に悔いを残さないか―黄興、日本への警鐘
立憲や留学より、まず鉱山開発だ―袁世凱の長期ビジョン
革命には金がいる―孫文、赤貧のシンガポール
黄色い花咲く頃に―汪兆銘の暗殺計画と広州・黄花崗の役
武昌蜂起、ついに成功す―宋教仁の中部同盟会
共和制などすぐに挫折する―講和する袁世凱の自信
一九一二年、中華民国の成立―孫文、臨時大総統に就任
財政と金融政策こそ国家の要だ―袁世凱、梁啓超を起用
兵をもって労働者となそう―孫文の鉄道大構想
言論で駄目だ。威力を得ることだ―黄興と宋教仁の乱
誰のための文化事業か―義和団返還金の使い道
北と南は同じ穴の狢だ―孫文が作った三つの広東政府
革命いまだ成らず―孫文の遺書

著者等紹介

譚〓美[タンロミ]
ノンフィクション作家。東京生まれ。本籍中国広東省高明県。慶應義塾大学文学部卒業。慶應義塾大学講師、中国広東省中山大学講師などを経て執筆に専念(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

二十世紀初頭、清を日本のような近代国家に変えようと、革命に命を懸けた日本人と中国人がいた。国家を超え、友情と信義、侠気で結ばれた志士たちの物語。