• ポイントキャンペーン

芸術脳

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784104702022
  • NDC分類 914.6

内容説明

芸術は…苦悩か、快楽か、爆発か?創造する脳の力とは―。10人のクリエイターとの対話集。

目次

気づき、という至上の喜び―vs佐藤雅彦
世界と自分を結ぶ「なにか」を求めて―vs内藤礼
ファッションとは態度の表明である―vs小野塚秋良
デジタル化できないもの、身体の可能性―vsいとうせいこう
現実と仮想の往還から作品は生まれる―vs松任谷由実
アートは可能無限と向き合うべし―vsヒロ杉山
笑い物こそが「笑い」を創造する―vsリトル・ブリテン
音楽表現と「時間」について考える―vs菊地成孔
愛とユーモアのある批評―vs天野祐吉
今こそ「生命力」が必要だ―vsリリー・フランキー

著者紹介

茂木健一郎[モギケンイチロウ]
1962(昭和37)年、東京生れ。脳科学者。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。東京大学理学部、法学部卒業後、同大大学院物理学専攻課程を修了。理学博士。理化学研究所、英ケンブリッジ大学を経て現職。クオリア(意識のなかで立ち上がる、数量化できない微妙な質感)をキーワードとして、脳と心の関係を探求し続けている。2005(平成17)年、『脳と仮想』で小林秀雄賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

松任谷由実、リリー・フランキー、内藤礼、いとうせいこう・・・・・。気鋭の脳科学者が見つめた10人のクリエイティヴな脳の中身とは?現代日本社会を豊かに生き抜くヒント集。