雲の都〈第3部〉城砦

個数:
電子版価格 ¥2,024
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

雲の都〈第3部〉城砦

  • 加賀 乙彦【著】
  • 価格 ¥2,530(本体¥2,300)
  • 新潮社(2008/03発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 46pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年03月31日 23時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 478p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103308126
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

昭和44年、東大全共闘の砦であった安田講堂が陥落した。悠太が勤める1医科大学の犯罪心理学研究室にも学生が乱入して破壊され、悠太は絶望の淵に落とされる。一方、隠されていた一族の出生をめぐる秘密が明らかになり、次の世代の運命を大きく動かし始める…躍動する昭和史を背景に、東京山の手の外科病院一族の運命を描いた『永遠の都』全7巻(新潮文庫)に続くシリーズ、自伝的大河小説『雲の都』第三部。

出版社内容情報

昭和44年、安田講堂が陥落、悠太が勤めるI医科大学精神科も学生の標的となる。全共闘運動に燃える東京と、一族の末裔の出生の秘密を描く自伝的大河小説。