オーシティ

電子版価格 ¥1,209
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

オーシティ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 248p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103290414
  • NDC分類 913.6

内容説明

大混乱の嘘つきゲームが終わった時、立っているのは果たして誰だ?ラストは呆然、そして涙のどんでん返し。劇団「ニコルソンズ」を主宰する著者が、大阪への愛と幻想を全開にした傑作。

著者紹介

木下半太[キノシタハンタ]
1974年、大阪府茨木市出身。高校卒業後、パチプロなどを経て脚本家・俳優として活動を開始。現在、サスペンス・コメディ劇団「劇団ニコルソンズ」で脚本・演出を手掛けている。2006年、『悪夢のエレベーター』で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

世界のワルが集まる近未来の大阪で、絵本探偵・羽田誠は“耳”を追う。リミット3日、人質は・・・キン●マ!? 100%規格外の爆速クライムサスペンス誕生。