本音で語る沖縄史

個数:
電子版価格 ¥1,209
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

本音で語る沖縄史

  • 仲村 清司【著】
  • 価格 ¥1,512(本体¥1,400)
  • 新潮社(2011/06発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 28pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月06日 02時06分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103243427
  • NDC分類 219.9

内容説明

「悲劇の島」というのは本当か?「琉球王国の栄光」は幻ではないか?「被害者史観」を脱し、沖縄の将来像を模索する。

目次

先史時代と神話
三山の対立と明への朝貢
尚巴志と倭寇
第一尚氏の三山統一
第一尚氏の栄光と落日
農民出身の金丸
最強の尚真王と後宮の陰謀
被征服前夜の八重山
アカハチの反乱
サンアイ・イソバの島〔ほか〕

著者紹介

仲村清司[ナカムラキヨシ]
作家・沖縄大学非常勤講師。1958年、大阪市生まれの沖縄人2世。96年に沖縄県那覇市に移住。移住者の目から見たディープで不思議な沖縄のアレコレを書籍・ラジオ・インターネットなどで発信中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)