• ポイントキャンペーン

死顔

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 157p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103242314
  • NDC分類 913.6

内容説明

生と死を凝視しつづけた作家が、兄の死を題材に自らの死生観を凝縮し、死の直前まで推敲をつづけた短篇「死顔」。死の静謐を期し、延命措置への違和が表明されている。著者の最期とも符合する表題作など、全五篇の遺作小説集。

著者紹介

吉村昭[ヨシムラアキラ]
昭和2年(1927年)5月1日、東京日暮里に生まれる。平成18年7月31日、膵臓癌により病没。死を覚悟したその最期が報じられ、多くの人々の共感を呼んだ。昭和41年、『星への旅』で太宰治賞を受賞。その後、ドキュメント作品に新境地を拓き、『戦艦武蔵』等で、菊池寛賞を受ける。更に歴史小説にも力を注ぎ、多彩な長篇小説を次々に発表。徹底した取材と緻密な構成には定評がある。私小説を軸に、短篇小説の秀作も多い。主な作品は、『破獄』(読売文学賞)、『冷い夏、熱い夏』(毎日芸術賞)、『桜田門外ノ変』、『天狗争乱』(大佛次郎賞)等(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

著者の闘病と原稿への執念、最期の刻を、夫人の津村節子氏がつづる「遺作について」を併録。