• ポイントキャンペーン

島抜け

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 231p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103242284
  • NDC分類 913.6

内容説明

弘化二年(1845)八月十日、薩摩藩領種子島から、大坂の講釈師瑞龍、竹蔵、小重太、そして幸吉の四人の流人が島抜けを敢行した。厳しい飢えと渇きに悩まされながら、粗末な丸木舟での漂流の果てに彼らがたどりついた先は、中国だった。四人は、破船した漂流民と身分を偽り、長崎に送り返される。苦難の果て、島抜けは見事に成功したかに思われたが…。講釈師瑞龍の運命の変転を描く表題中篇をはじめ、「欠けた椀」「梅の刺青」の三篇を収録。