• ポイントキャンペーン

新潮文庫
岡本太郎に乾杯

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 267p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101346311
  • NDC分類 723.1

内容説明

新しい芸術運動を志し、自らも実践者として生涯闘い続けた岡本太郎。その精力的な活動を、終戦直後の「夜の会」から大阪万博の「太陽の塔」まで鮮やかに再現する。博物館で縄文土器に衝撃を受けた話、烏を飼って可愛がったエピソード、ショパンもジャズも弾きこなすピアニストぶりなど、太郎の素顔に迫るエピソードも満載。秘書・養女として長年身近に接した著者ならではの快著。

目次

戦闘を開始する
世界の“前衛”を日本へ
新しい芸術運動をめざす
縄文の発見から日本再発見へ
彫刻に挑む
パリ回游
スポーツマン・ピアニスト太郎
太陽の塔の季節
岡本太郎の孤独

著者紹介

岡本敏子[オカモトトシコ]
1926(大正15)年、千葉県生れ。東京女子大学在学中に、岡本太郎に出会う。卒業後、原稿の清書などを手伝ううち、秘書として行動を共にするようになる。後年、太郎の養女となり、没後は「岡本太郎記念現代芸術振興財団」理事長に就任。岡本太郎記念館の運営に当たっている