新潮文庫<br> 変見自在 スーチー女史は善人か

個数:
電子版価格 ¥518
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
変見自在 スーチー女史は善人か

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2016年12月04日 15時49分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 249p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101345918
  • NDC分類 304

内容説明

世界は偽善に満ちている。欧米列強は我こそ“正義”という面をしながら私欲のために世界を操り、中国は持ち前の狡賢さでアジア諸国を丸め込む。国民を再教育するために“誠実”な報道をする“一流紙”朝日新聞と、公然と詐欺を働き国家を貶める陋劣な役人ども―日本の行く末はどうなってしまうのか。週刊新潮を巻末から開かせる超辛口コラム文庫化第二弾。世界の見方が変ります。

目次

第1章 本物の悪党は誰だ(犯罪は下僕の装いで;たかが武器商人のくせに ほか)
第2章 朝日の記事は奥が深い(リー首相の玉なし;人のふり見て我がふり見ず ほか)
第3章 いつの時代も役人どもは(真犯人オランダの自供;傲慢役人に崇る大鳥居 ほか)
第4章 支那に身のほどを教える(朝日の浅知恵;「七歳の捕虜」が語る真実 ほか)
第5章 国家を貶める哀れな人(“一流紙”は変質者の味方;タイへの恩は忘れない ほか)

著者紹介

高山正之[タカヤママサユキ]
1942(昭和17)年生まれ。ジャーナリスト。’65年、東京都立大学卒業後、産経新聞社入社。社会部デスクを経て、テヘラン、ロサンゼルス各支局長。’98(平成10)年より3年間、産経新聞夕刊1面にて時事コラム「異見自在」を担当し、その辛口ぶりが評判となる。2001年から’07年3月まで帝京大学教授。「週刊新潮」に連載中のコラム「変見自在」は熱狂的ファンも多く、名物辛口コラムとして高い人気を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)