新潮文庫<br> レッドアローとスターハウス―もうひとつの戦後思想史

電子版価格 ¥896
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
レッドアローとスターハウス―もうひとつの戦後思想史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 531p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101345819
  • NDC分類 365.35

内容説明

「西武の天皇」と呼ばれた堤康次郎。東京西郊で精力的に鉄道事業を展開し、沿線には百貨店やスーパー、遊園地を建設。公営団地も集まり、「西武帝国」とでもいうべき巨大な文化圏を成した。しかし堤本人の思想と逆行するように、団地は日本共産党の強力な票田となり、コミューン化した「赤い病院」さえ現れた。もうひとつの東京、もうひとつの政治空間でなにが起きていたのか―。

目次

88号棟を訪ねて
ひばりヶ丘前史
清瀬と「赤い病院」
野方と中野懇談会
堤康次郎と「西武天皇制」
社会主義と集合住宅
団地の出現―久米川・新所沢・ひばりが丘
ひばりが丘団地の時代
アカハタ祭り(赤旗まつり)
狭山事件
堤康次郎の死
「ひばりが丘」から「滝山」へ
西武秩父線の開通とレッドアロー
そして「滝山」コミューンへ

著者紹介

原武史[ハラタケシ]
1962(昭和37)年、東京都生れ。早稲田大学政治経済学部卒業。国立国会図書館、日本経済新聞社勤務を経て東京大学大学院博士課程中退。現在、明治学院大学教授、専攻は日本政治思想史。著書に『昭和天皇』(司馬遼太郎賞受賞)『滝山コミューン一九七四』(講談社ノンフィクション賞受賞)『「民都」大阪対「帝都」東京』(サントリー学芸賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「西武の天皇」と呼ばれた堤康次郎が東京西部に作り出した“ユートピア”。その新たな政治空間で、何が起っていたのか。

「西武の天皇」と呼ばれた堤康次郎。東京西郊で精力的に鉄道事業を展開し、沿線には百貨店やスーパー、遊園地を建設。公営団地も集まり、「西武帝国」とでも呼ぶべき巨大な文化圏を成した。しかし堤本人の思想と逆行するように、団地は日本共産党の強力な票田となり、コミューン化した「赤い病院」さえ現れた。もうひとつの東京、もうひとつの政治空間でなにが起きていたのか――。