• ポイントキャンペーン

新潮文庫
聞き上手は一日にしてならず

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 285p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101345710
  • NDC分類 809.4

内容説明

コミュニケーションの基本は、人の話を聞くこと。貴重な情報を聞き出すためには、どんな努力も惜しまないプロの聞き手10人が明かす秘訣とは何か。できるかぎり情報を集めて準備を入念に行い、相手にとことん惚れ込み、徹底的に気を配る―。きちんと話が聞ければ、ビジネスも、友情も、恋愛もきっとうまくいく!あなたも聞き上手になってみませんか。

目次

1 黒柳徹子(女優)に聞け!―「人には必ず話がある、人には必ず聞きたいことがある」
2 田原総一朗(ジャーナリスト)に聞け!―「人が本当に言いたいこと、本音、これをいかに引き出すか」
3 ジョン・カビラ(ラジオ・パーソナリティー)に聞け!―「『ええっ!』と驚き、『なんだよ、これ』と唸る」
4 糸井重里(コピーライター)に聞け!―「どうでもいいことが、じつはその人。『贅肉こそ、そいつだ』みたいなね」
5 小松成美(ノンフィクション・ライター)に聞け!―「好奇心を煽られて、知りたいと思ったら会いに行く、話を聞きます」
6 吉田豪(プロ・インタビュアー)に聞け!―「話を聞きながら『オレはいいことしているな』と思いました」
7 河合隼雄(心理療法家)に聞け!―「聞くことに始まって、聞くことに終わる」
8 石山修武(建築家)に聞け!―「結局あなたまかせの商売だから。銀座のおねえさん以上の心遣いをしますよ」
9 松永真理(『iモード事件』著者、バンダイ取締役)に聞け!―「相手の球さえうまくとらえれば、球は気持ちよく飛んでいく」
10 刑事に聞け!―「下手な聞き方をしていると、いつまでたっても重要な証言は出てきません」

著者紹介

永江朗[ナガエアキラ]
1958(昭和33)年、北海道生れ。フリーライター。法政大学文学部哲学科卒業。西武百貨店系洋書店勤務の後、『宝島』『別冊宝島』の編集に携わる。’93(平成5)年頃よりライター業に専念。「哲学からアダルトビデオまで」を標榜し、コラム、書評、インタビューなど幅広い分野で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)