新潮文庫<br> 虚像の政商〈下〉

個数:

新潮文庫
虚像の政商〈下〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 531p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101303345
  • NDC分類 913.6

内容説明

リース業に加え、ラブホテル、消費者金融、不良債権ビジネスと、経営を多角化するワールドファイナンス。だが、その実体は、政権との繋がりを用いて利権を貪る“和製ハゲタカ”に他ならなかった。加藤の懐刀、井岡堅固は会社方針に苦悩するが、リーマン・ショックに伴う株価暴落により、同社の経営も加速度的に悪化していく…。平成大不況の根源を描く経済小説の金字塔。

出版社内容情報

大泉内閣の陰で暗躍し、強欲の限りを尽くした男、加藤愛一郎。拝金主義で日本経済を壊した「平成の政商」を描く経済小説の金字塔。

リース業に加え、ラブホテル、消費者金融、不良債権ビジネスと、経営を多角化するワールドファイナンス。だが、その実体は、政権との繋がりを用いて利権を貪る“和製ハゲタカ”に他ならなかった。加藤の懐刀、井岡堅固は会社方針に苦悩するが、リーマン・ショックに伴う株価暴落により、同社の経営も加速度的に悪化していく……。平成大不況の根源を描く経済小説の金字塔。『虚像』改題。