• ポイントキャンペーン

恋せよ妻たち―リンボウ先生本音で女を叱り女を励ます

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093453325
  • NDC分類 914.6

内容説明

専業主婦はヒモ女か。人妻の恋はタブーか。女たちに問いかける辛口エッセイ。

目次

花嫁姿、感心しないナァ!
母性本能という自己満足
主婦は夜出掛ける?
主婦VS.ヒモ
夫婦の一人前
恋は遠い日の花火か?
媚びと魅力
僕が色気を感じるとき
世の中に絶えて化粧のなかりせば
振袖の憂鬱〔ほか〕

出版社内容情報

「週末は主人がいるから出られない」とは何事か。中年女性のノーメークは近所迷惑か。専業主婦はヒモ女か。人妻の恋はタブーなのか。真の男女平等社会をめざすリンボウ先生が女たちに問いかけた〃これでいいのか〃集。

 あなたは、真っ白に化粧された花嫁さんをホントにきれいだと思っていますか。卒業式や成人式の振袖姿はいいもんだと思いますか。くえたばこで街を闊歩する女の子たちは、はしたないのでしょうか。あるいは中年女性のノーメークは近所迷惑なんでしょうか。そして、「週末は主人がいるから出られないわ」という主婦の言い訳、至極もっともだと思いますか。リンボウ先生は、このいずれにもNOと言い放ちます。それはなぜか。女ならぜひその理由を読んでみたい……。そこにあるのはこれまで耳にしたことのない男の意見です。それがあなたの心を解放するか、かき乱すか、それはさだかでないけれど、はてさて、妻も子もあるリンボウ先生は、「人妻の恋はタブーか」にどう答える?