早わかり健康ガイド<br> コレステロール値が高いと言われたら読む本

個数:

早わかり健康ガイド
コレステロール値が高いと言われたら読む本

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 159p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093043311
  • NDC分類 491.44
  • Cコード C2377

内容説明

コレステロール値の不安の入門書。脳梗塞、心筋梗塞…の予備群になるまえに自力で下げる!オール図解・図表で安心・心配がすぐわかる。

目次

第1章 なぜコレステロール値が高いといけないのか(コレステロール値の意味―コレステロール値が高いと、血管が詰まってさまざまな病気に;コレステロールとは?1―コレステロールは、血清脂質の一種として体内をめぐる ほか)
第2章 コレステロールとメタボリックシンドローム(メタボとコレステロール―メタボリックシンドロームになると、動脈硬化の可能性が高くなる;メタボリックシンドロームとは―メタボリックシンドロームは冠動脈疾患のサイン ほか)
第3章 食事と運動でコレステロール値を下げる(生活改善―脱・高コレステロールタイプ別改善法;生活を振り返る―まずは1週間、食事日記を付けて食生活の傾向を探る ほか)
第4章 病院ではなにをするのか(治療の流れ―生活改善、薬物療法…あなたの状態にあわせた治療法を;問診―初診では、飲酒量や喫煙の有無など、生活習慣を聞かれる ほか)

著者等紹介

寺本民生[テラモトタミオ]
帝京大学医学部内科主任教授。1947年生まれ。1973年東京大学医学部医学科卒業。専門分野は内分泌・代謝(高脂血症・糖尿病)・動脈硬化。帝京大学医学部附属病院内科にて、数多くの脂質異常症患者の診療を行う。日本内科学会認定医、日本消化器病学会認定専門医、日本肝臓学会認定専門医。NHKテレビ『きょうの健康』出演(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

値が高いと心臓病などを引き起こす脂質異常症(高脂血症)につながるコレステロール。軽視しがちなコレステロール値がどれだけ重要なことなのか、高コレステロールを下げるための生活術を中心にわかりやすく構成。