ビッグコミックス<br> 龍 〈38〉

電子版価格 ¥540
  • 電書あり

ビッグコミックス
龍 〈38〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 217p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091865588
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

次第に戦争へと傾斜していく昭和初期の京都を舞台に、ひたすら剣の道を極めんとする男・龍の破天荒な生き方を描く!!

"▼第1話/孤独な懸け▼第2話/最終段階▼第3話/逃避行▼第4話/幻燈▼第5話/冷凍庫▼第6話/未完成▼第7話/匪賊消ゆ▼第8話/林檎と豚肉▼第9話/諜報機関●主な登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。父・一磨殺害の嫌疑をかけられ、国外逃亡を企てるも上海沖で遭難。なんとか一命を取り留め、現在は中国で李龍と名乗る)、田鶴てい(押小路家の元・奉公人で、龍と恋に落ちる。日本を代表する人気女優となり、満州で龍との再会を経て結婚。長女・和華を出産)、文龍(龍を兄のように慕う青年。小説家志望)、雲龍(映画の主役として抜擢された孤児。ていが養子として引き取った)●あらすじ/1944年11月初旬の大連。小鈴の料亭で、押小路卓麿と甘粕正彦が会っていた。戦況は日本にとって絶望的な状況だったが、彼らの話はこの戦争の行方だけではなかった。満州国を存続させるための最終手段である秘宝とは、まさに今、龍が追っているものであること。さらにその先には強力な軍隊「馬占山軍」が待ち受けていると聞いた小鈴は…!?(第1話)。▼ていが監督する映画『人販子』の撮影現場。この日撮影されているのは、""両親の家を訪ねあてた雲龍が、自分と同じ名前を付けられた子供(両親が雲龍の代わりに人販子で買った子供)に出会う""というシーンである。しかし監督のていは、このシーンにおける母親役の演技に納得がいかない様子。リハーサルを中断させると、母親役の女優を降板させると言いだして…!?(第2話)●本巻の特徴/ていが監督をつとめる映画『人販子』の撮影の中、雲龍と和華が行方不明に!! ふたりの身に迫る危険とは!?"

孤独な懸け