ジャングル大帝 〈上〉

  • ポイントキャンペーン

ジャングル大帝 〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 254p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784091702319
  • NDC分類 726.1

出版社内容情報

ジャングルの王パンジャが死んだ!王子レオは苦難の末に故郷アフリカに戻ったが、そこはレオの予想とかけ離れた未開の大地、弱肉強食の世界だった。

▼第1話/パンジャの死▼第2話/レオの誕生▼第3話/月光石の秘密▼第4話/アフリカ第一歩▼第5話/ジャングル交響曲▼第6話/アンドロクレスの伝説▼第7話/女王コンガ▼第8話/ドンガ河のほとりにて▼第9話/コンガの涙●登場人物および動物/レオ(全身が白い言葉をしゃべるライオンで、ジャングルの王)、ライヤ(レオの恋人)、パンジャ(レオの父親。人間の手によって殺されてしまう)、ケン一(レオのよき理解者である日本人)●あらすじ/アフリカのジャングルには、草原に住むはずのライオン・パンジャが暮らしていた。パンジャはジャングルに住む動物たちを守る役目をしていた。パンジャは、ジャングルの平和な生活を乱す、人間や、その人間になついてしまった家畜を憎んでいた。一方、人間たちは家畜を襲うパンジャを捕えようと躍起になっている。ある日人間たちは、パンジャの妻を罠にかける。必死に彼女を助けようとするパンジャ。だが、遂に銃で撃たれてしまう……(第1話)。▼人間に捕えられ、アフリカからは遠いロンドンへの動物園へ送られることになったパンジャの妻。その船の中で、彼女は赤ちゃんライオン・レオを出産した。動物園で無様な生き方を子供にさせたくはない