少年サンデーコミックス<br> 鳳ボンバー 〈3〉

電子版価格 ¥432
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

少年サンデーコミックス
鳳ボンバー 〈3〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 186p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091265937
  • NDC分類 726.1

出版社内容情報

鳳啓助。この度、14歳にしてプロ球界入りした天才投手。鳳欽助。啓助の父で三冠王8回の記録を持つ大打者。この強者親子が暴れまくる、常識破りのガチンコ野球コミック。

▼第19話/“墓穴を掘らずんば虎児を得ず作戦”始動!▼第20話/えーんーちょー!!▼第21話/吼え???!!▼第22話/秘密だと??!?▼第23話/変化球やだ??!!▼第24話/これが暴れんボールだぜっ!!▼第25話/オンリーワン!▼第26話/たかがキャンプの紅白戦▼第27話/知らんのかい!!▼第28話/てっぺん取らへんか!?●主な登場人物/鳳啓助(リトルリーグ、シニアリーグの世界大会でも大活躍した、天才中学生投手。テイオーフェニックスにドラフト1位指名され、14歳にしてプロ野球選手となる)、鳳欽助(啓助の父。過去8回も三冠王に輝いた、フェニックスの不動の四番打者で、プロ野球界のスーパースター。40歳)●あらすじ/フェニックスの紅白戦は、稲垣と啓助のストッパー勝負へ!! 無安打に抑えた稲垣に続き、9回裏、いよいよ啓助がマウンドに立つ。だが啓助はストライクが全く入らず三者連続フォアボールで、いきなり無死満塁。だがこれは、絶体絶命のピンチにわざと自分を追い込むという啓助の作戦だった。そして迎えるバッターは、四番のハイド。啓助はこのピンチを抑えることができるのか!?(第19話)●本巻の特徴/父・欽助のファインプレーもあって啓助は9回裏を抑え、試合は紅白戦としては異例の