少年サンデーコミックス<br> ワイルドライフ 〈4〉

電子版価格 ¥432
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

少年サンデーコミックス
ワイルドライフ 〈4〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 172p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091264244
  • NDC分類 726.1

出版社内容情報

どんな小さな命であろうと、目の前に傷ついた生き物がいれば全力で治療する。それが獣医の正義だ! “絶対音感”を持つ元ヤンキーの獣医・岩城鉄生が、動物たちの命を救うために大活躍!!

▼第25話/好きだから…▼第26話/カバの剣士▼第27話/野茂はヒデオ、野口はヒデヨ▼第28話/いつもは何本持ってるの?▼第29話/うなぎのつかみどり▼第30話/心配で心配で…▼第31話/原先生の秘密▼第32話/ライオンと犬▼第33話/三兄弟の憂鬱●主な登場人物/岩城鉄生(“絶対音感”を特技に持つ若き獣医。世界的に有名な動物病院「R.E.D.」の、珍獣や危険な野獣ばかりを診る医局第二科「WILD LIFE」に所属する)、瀬能みか(動物の看護資格・AHT〔アハト=アニマル・ヘルス・テクニシャン〕を持つ、R.E.D.の女性職員。鉄生とはいいコンビ)●あらすじ/陵刀の遠隔指導を受けながら、動物園でパンダの健康診断をすることになった鉄生。そこで鉄生は毎日パンダ舎の前でスケッチをしている高校生から、パンダの病気を治して欲しいと訴えられる。自慢の耳を使っても、特に変わった音は聞こえてこない上、毎日接している飼育員も特に異常を感じていない。果たしてパンダは本当に病気なのだろうか!?(第25話)●本巻の特徴/本巻では、鉄生がアフリカでカバの保護運動を手伝ったり、得意の絶対音感を活かし蛇の治療にあたったりする。その他、鉄生のペット“犬”の活躍も描かれる盛りだくさんの9話を収