少年サンデーコミックス<br> プニャリン 〈3〉

電子版価格 ¥432
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

少年サンデーコミックス
プニャリン 〈3〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 166p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091262035
  • NDC分類 726.1

出版社内容情報

見た目はプニャプニャだが、実は最高の筋肉を持っている強い大関・男股山(おまたやま)。プニャリンとあだ名される彼が巻き起こす、熱血…… じゃなかった、ズッコケ相撲コメディー。

▼第22話/「男黄山引退騒動」の巻▼第23話/「HANABI! 」の巻▼第24話/「男っぽいネ」の巻▼第25話/「恋の飛び込み勝負」の巻▼第26話/「プニャリンの弱点」の巻▼第27話/「恐怖のチャンコ」の巻▼第28話/「パラパラプニャリン」の巻▼第29話/「裏切り者の街角」の巻▼第30話/「アートなCM?」の巻▼第31話/「ハムスターズ・ユース」の巻▼第32話/「スライダーの打ち方」の巻●主な登場人物/プニャリン(男が好きな18歳の大関。小柄でプニャプニャした体型から、プニャリンと呼ばれる。しこ名は男股山<おまたやま>。本名は石井一久)、男黄山(おごうざん。男館部屋の若手力士で、プニャリンの付け人。プニャリンに愛されている。本名・古田敦也)、池山隆美(プニャリンに恋する女子高生。身長180cmでバスケット同好会に所属)●あらすじ/プニャリンと寝室を共にすることになり、セクハラまがいのことをされる日々に耐えられなくなった男黄山は、引退を申し出て男館部屋を後にした。そんな彼の前に、北海道の実家から召使いの老人がやって来る。聞けば祖父がもう長くはなく、男黄山に会いたがっているらしい。男黄山の実家・古田家は北海道に東京23区がスッポリ入る広大な牧場を持ち、