少年サンデーコミックス<br> Misterジパング 〈1〉

電子版価格 ¥432
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

少年サンデーコミックス
Misterジパング 〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 189p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091261014

出版社内容情報

日本史上、最も偉大な男たちが登場した戦国時代を、新しい視点で熱筆!! 信長、秀吉、家康の若き日の姿をコミカルに描く歴史ファンタジー。

▼第1話/天下をねらえ!▼第2話/眠る忍者(その1)▼第3話/眠る忍者(その2)▼第4話/眠る忍者(その3)▼第5話/眠る忍者(その4)▼第6話/蜂須賀村の決闘(その1)▼第7話/蜂須賀村の決闘(その2)▼第8話/蜂須賀村の決闘(その3)●主な登場人物/日吉(金も身分もなく、チビで腕力もない気弱な少年。だが、頭のキレはいい。後の豊臣秀吉)、織田三郎信長(「尾張のバカ殿」と呼ばれる、とんでもない若者。暴走に次ぐ暴走を繰り返し、周りに迷惑をかけまくる)、竹千代(三河・松平家の息子。後の徳川家康)●あらすじ/時は天文17年(1548年)、尾張の国(現在の愛知県)。少年・日吉は森の中で悪人たちに捕まり、亡父が残した金を奪われたうえ、殺されそうになっていた。そこに、鉄砲を持った若者と、小さな子供が通りがかり、悪人たちを一蹴。その若者は「尾張のバカ殿」こと、織田信長。子供は後の徳川家康である、竹千代だった。助けてもらった日吉は、信長に美濃の国(現在の岐阜県)・稲葉山城に付き合わされる。敵である斎藤道三の城に自ら忍び込もうというのだ。正気の沙汰ではない信長に、理由を聞く日吉。すると信長は「美濃の姫が美人かブスかを確かめるため」だ