Shogakukan GREEN Mook<br> 池上彰が読み解く!戦前ニッポン総理の決断 - 内閣制130年戦後70年 1885-1945

個数:
  • ポイントキャンペーン

Shogakukan GREEN Mook
池上彰が読み解く!戦前ニッポン総理の決断 - 内閣制130年戦後70年 1885-1945

  • 池上彰
  • 価格 ¥1,404(本体¥1,300)
  • 小学館(2015/05発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 26pt
  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ AB変判/ページ数 110p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784091020673
  • NDC分類 312.1

出版社内容情報

日本の近代史が、あっという間に読み解ける

好評を博したウイークリーブック『池上彰と学ぶ日本の総理』全30巻が、戦前編と戦後編の2冊のムックとなりました!

伊藤博文が内閣制度をつくり、初代総理大臣に就任したのは、1885年(明治18)のこと。つまり今年2015年は、内閣制がスタートしてから130年目、戦後70年目にあたります。

この節目となる2015年に、
「1885年から1945年までの60年──帝国憲法、近代化と戦争の60年」(本書『池上彰が読み解く! 戦前ニッポン 総理の決断 1885-1945』)と、
「1945年から2015年までの70年──日本国憲法、平和と経済成長の70年」(姉妹編『池上彰が読み解く! 戦後ニッポン 総理の決断 1945-2015』)の2冊を同時発売。

どちらも、総理をキーワードに読み解いていく、大変にわかりやすい日本近代史、日本現代史です。

本書『池上彰が読み解く! 戦前ニッポン 総理の決断 1885-1945』では、帝国憲法とはなにか、日本の近代化の道筋、日本の大陸進出から太平洋戦争に至る経緯などを、写真や図表も数多くまじえて、ニュートラルにわかりやすく解説していきます。




【編集担当からのおすすめ情報】
歴史の本はたくさんありますが、本書は、びっくりするほどわかりやすい近代史の入門書となっています。それを可能にしたのが、「総理の事績を追いながら、時系列にまとめた」こと。しかも時折、池上流のわかりやすいコメントが入るので、楽しく読み進められます。隣国である中国、韓国、ロシアとの関係もよくわかります。歴史が苦手な人にこそおすすめできる一冊です。

はじめに

大づかみ!
戦前ニッポン60年の流れ 6

国の基礎ができあがる 7
藩閥と政党の争い 8
日露戦争勃発、明治の終焉 9
世界で発言力を強める日本 10
関東大震災起こる 11
恐慌で幕を開けた昭和 12
満州国承認 13
止められない軍拡 14
第二次世界大戦勃発 15
太平洋戦争開戦 16
和平への道筋 17

ビジュアル年表でたどる
戦前60年と総理の決断 18

初代 伊藤博文 内閣制度スタート 19
第2代 黒田清隆 大日本帝国憲法発布 21
5分でつかむ 大日本帝国憲法 23
第3代 山県有朋 初の帝国会議を開催 24
5分でつかむ 第一回帝国会議 26
第4代 松方正義 初の衆議院解散と選挙干渉 27
第5代 伊藤博文 日清戦争に突入 29
5分でつかむ 日清戦争勝利と三国干渉 31
第6代 松方正義 金本位制に移行 32
5分でつかむ 日本の財閥 33
第7代 伊藤博文 巨大政党「憲政党」が誕生 34
第8代 大隈重信 初の政党内閣、4か月で倒れる 35
第9代 山県有朋 地租増徴、文官任用令改正 36
第10代 伊藤博文 立憲政友会の政党内閣誕生 38
第11代 桂 太郎 日露戦争開戦 39
5分でつかむ 日露戦争と日本の権益 42
第12代 西園寺公望 戦後外交を展開 43
第13代 桂 太郎 伊藤暗殺と韓国併合 45
5分でつかむ 韓国併合 46
第14代 西園寺公望 明治天皇崩御、大正時代に 47
第15代 桂 太郎 第一次護憲運動が広がる 48
第16代 山本権兵衛 行政改革を推進 49
第17代 大隈重信 第一次世界大戦に参戦 50
第18代 寺内正毅 ロシア革命とシベリア出兵 52
5分でつかむ 「対華21か条の要求」 54
第19代 原 敬 長期ビジョン「四大政綱」発表 55
第20代 高橋是清 ワシントン会議と軍縮 58
第21代 加藤友三郎 軍縮断行、シベリア撤兵 60
第22代 山本権兵衛 関東大震災起こる 61
5分でつかむ 関東大震災後の帝都復興計画 62
第23代 清浦奎吾 第二次護憲運動が盛り上がる 63
第24代 加藤高明 普通選挙と治安維持法 64
第25代 若槻礼次郎 協調外交をめざす 66
第26代 田中義一 張作霖爆殺事件起こる 68
5分でつかむ 各政権の中国政策 70
第27代 浜口雄幸 緊縮財政と軍縮に取り組む 71
第28代 若槻礼次郎 満州事変勃発 73
第29代 犬養 毅 「政党政治」、凶弾に倒れる 74
5分でつかむ 五・一五事件 77
第30代 斎藤 実 自主外交へ方針転換 78
5分でつかむ 国を救った高橋財政 80
第31代 岡田啓介 二・二六事件起こる 81
5分でつかむ 二・二六事件 83
第32代 広田弘毅 日本とドイツの接近 84
第33代 林銑十郎 軍財抱合財政 86
第34代 近衛文麿 盧溝橋事件から日中戦争勃発 87
5分でつかむ 日中戦争の拡大 88
第35代 平沼騏一郎 着々と築かれる戦時体制 91
第36代 阿部信行 第二次世界大戦が勃発 93
第37代 米内光政 親英米内閣が発足するも退陣 94
5分でつかむ 日独伊三国同盟 95
第38・39代 近衛文麿 日本、ドイツを選ぶ 96
5分でつかむ 大東亜共栄圏 98
第40代 東条英機 太平洋戦争開戦 99
地図 第二次世界大戦と太平洋戦争 102
第41代 小磯国昭 敗色濃厚、和平工作にも失敗 107
第42代 鈴木貫太郎 ポツダム宣言受諾、終戦 109

おわりに

【著者紹介】
1950年長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、73年にNHK入局。報道局社会部記者などを経て、94年4月から11年間にわたり『週刊こどもニュース』の語り手であるお父さん役を務め、そのわかりやすく丁寧な解説で人気を集める。2005年にNHKを退職し、フリージャーナリストに。主な著書に『そうだったのか!現代史』をはじめとする『そうだったのか!』シリーズ、『伝える力』『「1テーマ5分」でわかる世界のニュースの基礎知識』『池上彰の学べるニュース』『国際問題がわかる!世界地図の読み方』『先送りできない日本 “第二の焼け跡”からの再出発』など。