一度、死んでみましたが

個数:

一度、死んでみましたが

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年01月24日 16時13分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087860290
  • NDC分類 916

内容説明

「書くことが、生きること」突然の重度くも膜下出血からの生還。そのありのままを自ら綴った涙と笑いの超絶奮闘記。

目次

第1章 生きているということ(その日のこと;死の淵について ほか)
第2章 リハビリの日常(脳天気の理由;忘れ具合がありがたい ほか)
第3章 過去からの呼び声(広島の母;儚い息 ほか)
第4章 コータリさんからの手紙(失われた記憶;半分、サイボーグ ほか)
第5章 広島!自分を取り戻すための場所(広島魂;ボクの活動力 ほか)

著者紹介

神足裕司[コウタリユウジ]
1957年8月10日、広島県広島市生まれ。コラムニスト。広島市立袋町小学校、修道中学校、修道高校を経て、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。学生時代からライター活動を開始。その後、テレビ、ラジオ、CM、映画など、幅広い分野で活躍。2011年9月3日、くも膜下出血に倒れ、現在、リハビリ中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

重度くも膜下出血に倒れた、人気コラムニスト、神足裕司。絶望的な状態から奇蹟的な回復。神足は命と正面から向き合う日々を綴ることで、コラムニストとして再生を遂げる! 「書くことは、生きること」