記憶の森を育てる―意識と人工知能

個数:
電子版価格 ¥1,652
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

記憶の森を育てる―意識と人工知能

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 17時45分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 299p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087814453
  • NDC分類 491.371

内容説明

人類は、終わるのだろうか。知能指数40000の人工知能を前にして。答えは簡単ではないけれど、さあ、わたしたちは歩こう。話そう。そして森を育てよう。すべての記憶を土として。その上で踊る、泥だらけの生命として。『脳と仮想』から10年。意識とはなにかを考え続ける脳科学者、最新の論考。

目次

第1部 記憶と意識(過去を今につなぐもの;意識の採掘人;意識の進化のオーバーフロー理論;意識と統計的アプローチ;フローと超越的体験)
第2部 場所と記憶(被災地にて;瓦礫を一つひとつ拾うこと;なぜ、人はそこに行かなければならないのか;中谷宇吉郎と青首;グリーンフラッシュさえ、見たことがあるのかもしれない;ダウン・アンダーの空気;言葉と国家;宇宙的覚醒)
第3部 神と人工知能(重さを感じて生きる;対話と知性;人工知能の散歩)

著者紹介

茂木健一郎[モギケンイチロウ]
1962年東京生れ。東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。脳科学者。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経てソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。「クオリア」(感覚の質感)をキーワードに脳と心の関係を研究するとともに、評論、小説などにも取り組む。2005年『脳と仮想』(新潮社)で第4回小林秀雄賞を受賞。2009年『今、ここからすべての場所へ』(筑摩書房)で第12回桑原武夫学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

人類は、終わるのだろうか。知能指数40000の人工知能を前にして。答えは簡単ではないけれど、さあ、わたしたちは歩こう。話そう。そして森を育てよう。『脳と仮想』から10年。脳科学者の最新の論考。