ダウンタウンに時は流れて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087814316
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

1960年代の名曲「ダウンタウン」の軽快なメロディにのせて贈る懐かしくもほろ苦い若き免疫学者の留学時代の思い出、そして重い病とともに生き、その中から生まれる珠玉のエッセイ、ほか。

目次

1 春楡の木陰で(春楡の木陰で;ダウンタウンに時は流れて;チエコ・飛花落葉)
2 比翼連理(比翼連理;羽化登仙の記;百舌啼けば;わが青春の小林秀雄;花に遅速あり;姨捨;チンクエ・テーレの坂道;いとしのアルヘンティーナ;ニールス・イェルネ 聖人、あるいは異端?)

著者等紹介

多田富雄[タダトミオ]
1934年茨城県生まれ。東京大学名誉教授。免疫学者。千葉大学医学部卒。千葉大学教授、東京大学教授、東京理科大学生命科学研究所所長を歴任。95年、国際免疫学会連合会長。抑制T細胞を発見。野口英世記念医学賞、エミール・フォン・ベーリング賞、朝日賞など内外の多数の賞を受賞。84年、文化功労者。2009年、瑞宝重光章を受章。能楽にも造詣が深く、脳死と心臓移植を題材にした『無明の井』、朝鮮人強制連行の悲劇『望恨歌』などの新作能の作者としても知られ、大倉流小鼓を打つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。