• ポイントキャンペーン

脳の力こぶ―科学と文学による新「学問のすゝめ」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 236p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087813524
  • NDC分類 370.4

内容説明

芥川賞作家と脳科学者が熱く語り合う科目別複眼教育論。

目次

第1章 学ぶ脳(英語;総合的な学習・理科・社会;国語・算数・読み書き計算;意欲と学力 ほか)
第2章 育つ脳(森を見る科学者―木を見る文学者;脳科学の生い立ち―それは壊れた人の脳から始まった;急速に進む脳科学―横断的研究が進んでいる;犯罪脳などあるのか―跋扈する俗流科学に振り回されるな ほか)

著者紹介

川島隆太[カワシマリュウタ]
1959年、千葉県に生まれる。医学博士。現在東北大学加齢医学研究所脳機能開発研究分野教授。85年に同大医学部を卒業、同大学院修了後、スウェーデン王国カロリンスカ研究所研究員を経て現職。脳がどこでどんな仕事をしているかを画像にして調べる研究の成果から、前頭前野の重要性を主張し、前頭前野の活性化が高齢者の認知症の改善に良いという。夢は、「心」の正体を見つけること

藤原智美[フジワラトモミ]
1955年、福岡市に生まれる。90年に『王を撃て』で小説家としてデビュー。92年に『運転士』で第107回芥川賞を受賞する。その後、小説創作のかたわらドキュメンタリー作品も手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)