• ポイントキャンペーン

私が人生の旅で学んだこと

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087813319
  • NDC分類 490.4

内容説明

93歳の私から、すべての医師、すべての患者さん、そして、すべての未来を生きる人たちに、これだけはぜひ伝えたい。

目次

第1章 私が「医師」になるまで(母の命を助けてくれた医師;進路に揺れた青年期 ほか)
第2章 私が医師に言いたいこと(医師と患者の「上下関係」;医学はサイエンスに支えられたアート ほか)
第3章 医師と患者のパートナー・シップ(患者がいい医師を育てる;患者が語らないと医療のドアは開かない ほか)
第4章 死を看とる(患者にとってのクォリティ・オブ・ライフ;おろそかにされてきた、いのちの終焉 ほか)
第5章 人育て、医師育て(医学教育は植物が成長するようなシステムで;「いのち」と「死」を子どもたちに教えたい ほか)

著者紹介

日野原重明[ヒノハラシゲアキ]
1911(明治44)年、山口県生まれ。京都帝大医学部卒業後、41年に聖路加国際病院の内科医となり、内科医長、院長代理、院長を経て、聖路加国際病院理事長・同名誉院長、聖路加看護大学理事長・同名誉学長。(財)ライフ・プランニング・センター理事長、日本音楽療法学会理事長。98年東京都名誉都民。99年文化功労者。早くから予防医学の重要性を指摘し、患者参加の医療など、医療改革に向けて数々の提言をし、終末医療の普及や医学・看護教育にも尽力。2000年には75歳以上の新しい生き方を提唱して「新老人の会」を立ち上げた