• ポイントキャンペーン

連合赤軍とオウム―わが内なるアルカイダ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 389p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087813111
  • NDC分類 316.4

目次

第1章 アルカイダ―孤立した秀才たち(九・一一の衝撃;英雄オサマ・ビンラディン;自爆テロに与えられた「死」のリアリティ―アタになれなかった私 ほか)
第2章 オウム真理教―武装した予言者(八〇年代新宗教ブーム―若者たちの「自分探し」;迷える秀才たち―「かよわき小羊」;林郁夫・医師の苦悩―「解脱」への憧憬 ほか)
第3章 連合赤軍―消された大義(連合赤軍二〇年目の結審と私の決心;魔性の女;特攻隊長・坂口弘 ほか)

著者紹介

田原総一朗[タハラソウイチロウ]
1934年、滋賀県彦根市生まれ。早稲田大学文学部卒。岩波映画製作所、テレビ東京を経て、77年フリーに。現在は政治・経済・メディア・コンピューター等、時代の最先端の問題をとらえ、活字と放送の両メディアにわたり精力的な評論活動を続けている。テレビ朝日系列で87年より『朝まで生テレビ!』、89年より『サンデープロジェクト』に出演。テレビジャーナリズムの新しい地平を拓いたとして、98年ギャラクシー35周年記念賞(城戸又一賞)を受賞した。2002年より母校・早稲田大学で「大隈塾」を開講。塾頭として未来のリーダーを育てるべく、学生や社会人の指導にあたっている