女三人のシベリア鉄道

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 349p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087712889
  • NDC分類 911.162
  • Cコード C0095

内容説明

与謝野晶子、宮本百合子、林芙美子―近代文学を代表する女性作家たちの足跡を追い、著者はウラジオストクからモスクワ、パリまでの鉄道を完乗。勇敢な女たちのエネルギーに思いを馳せ、現地の人々の声に耳を傾けながら、旧社会主義国の重い歴史を体感する。評伝×鉄道が合体した傑作ノンフィクション。

目次

第1章 ウラジオストクへ
第2章 バイカルの畔にて
第3章 エカテリンブルクのダーチャ
第4章 「道標」のモスクワ
第5章 東清鉄道を追って
第6章 夜汽車でワルシャワ、ベルリンへ
第7章 パリ終着の三人
あとがき 旅を終えてから

著者等紹介

森まゆみ[モリマユミ]
1954年東京都文京区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。地域雑誌「谷中・根津・千駄木」を84年10月に創刊。98年、『鴎外の坂』で芸術選奨文部大臣新人賞受賞。03年、『「即興詩人」のイタリア』(講談社)でJTB紀行文学大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。