33歳年収600万円のサラリーマンが「芦屋」に家を建てるまで

電子版価格 ¥918
  • 電書あり

33歳年収600万円のサラリーマンが「芦屋」に家を建てるまで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784072802120
  • NDC分類 365.3
  • Cコード C2077

内容説明

後悔したくなければ、経験者の話を聞け!「家を建てたい!ずっとそう思っていた。できるだけいい場所に、できるだけ若いうちに」―“将来のリスクに対する備え”と“今の生活の充実”を両立させろ。

目次

家づくり思考論
1軒目の家購入
活動開始
物件との出会い―土地契約へ
建物契約―タイムリミットは3ヶ月
住宅ローンとバリューエンジニアリング
売却
家づくりマネーの整理
工事進捗
完成そして決済へ〔ほか〕

著者等紹介

東川立来[ヒガシカワリク]
阪神淡路大震災で一度家を失う。26歳で結婚と同時に神戸に中古住宅を購入。33歳で芦屋に一戸建てを建てる。その経緯を綴ったブログ「33歳年収600万円のサラリーマンが芦屋に家を建てるまで」が人気・話題となり、「家づくり奮闘記コンテスト」2007年奨励賞を受賞する。家づくりの途中で、独学でファイナンシャルプランナー資格を取得。妻と長女、長男の4人家族(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。