講談社ラノベ文庫<br> 魔法使いなら味噌を喰え!〈3〉

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社ラノベ文庫
魔法使いなら味噌を喰え!〈3〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 311p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784063752458
  • NDC分類 913.6

内容説明

魔法があって味噌のない世界で、八丁屋将太は今日もアルに味噌を食べさせていた―ところに、突如ナイスバディの美女が現れ将太を連れ去っていった!その正体は―マジエールで魔法の研究に携わっているはずの、将太の母親・ノエリ博士だった。彼女は、将太をつれて日本全国を移動魔法で連れ回しはじめる。毎日学校にはくるものの疲労困憊の将太を心配するアルや麗羅だが、将太は取り合わない。そんな中、ノエリの動きを不審に思ったセレスとマヌエラも動き出して―。第1回講談社ラノベ文庫新人賞“大賞”受賞作、プロモーションアニメも公開で絶好調の第3弾。

著者紹介

澄守彩[スミモリサイ]
『魔法使いなら味噌を喰え!』で、第1回講談社ラノベ文庫新人賞“大賞”受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

将太を連れ回す謎の美女の正体は!?

魔法があって味噌のない世界で、八丁屋将太は今日もアルに味噌を食べさせていた――ところに、ナイスバディの美女が現れ将太を連れ去っていった! その正体は――マジエールにいるはずの、将太の母親・ノエリだった。彼女は、将太をつれて日本全国を移動魔法で連れ回しはじめる。毎日学校にはくるものの疲労困憊の将太を心配するアルや麗羅だが、将太は取り合わない。そんな中、ノエリの動きを不審に思ったセレスとマヌエラも動き出し――。
第1回講談社ラノベ文庫新人賞<大賞>受賞作、プロモーションアニメも公開の第3弾!

将太は今日もアルに味噌を食べさせていた――ところに、ナイスバディの美女が現れ将太を連れ去っていった! その正体は――マジエールにいるはずの、将太の母親・ノエリだった。彼女は、将太をつれて日本全国を移動魔法で連れ回しはじめる。学校にはくるものの疲労困憊の将太を心配するアルや麗羅。そんな中、ノエリの動きを不審に思ったセレスとマヌエラも動き出し――。プロモーションアニメも公開の第3弾!