日本のもと 学校

個数:

日本のもと 学校

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 157p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784062826822
  • NDC分類 K372

内容説明

毎日あたりまえのように通っている学校は、いつできたのでしょう。むかしは貴族しか通えなかったの?みんなで勉強しなきゃならない理由は?義務教育ってなに?紙の教科書はなくなってしまうの?『日本のもと・学校』は、学校のなりたちを紹介し、時代ごとの学校のようすをくわしく知り、これからの学校について考えることができる一冊。

目次

温故編(学校のはじまり;勉強できるのは貴族だけ?;武士がつくった学校?;学ぶ子どもが増えた;小学校が全国にできた;戦争と学校と子どもたち;戦後の学校教育)
知新編(なんで勉強するの?;なんで学校に行くの?;どうしてみんなで勉強するの?)
未来編(これからの学校)

著者紹介

齋藤孝[サイトウタカシ]
明治大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

日本のなりたち、今、未来の姿がよくわかるグローバル化が進む今だからこそ、日本を知ってほしい。全十巻を読んで日本のおおもとを考えよう。新学習指導要領の目標に合致し、授業にも役立つシリーズです。