講談社+α文庫
きものは、からだにとてもいい

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 184p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784062815154
  • NDC分類 593.1
  • Cコード C0195

内容説明

きものは、日本の気候や暮らしのなかから生まれた衣服。日本人が快適に暮らすために、「理に適った」服なのです。夏は適度に風を通し、冬にはあたたかく、からだを冷やさない。一見窮屈だけど、実はとても動きやすく、走ることだって!でも着付けが大変?それもちょっとしたコツを身につければ、問題なし。そして何より、きものを着ることで、あなたのからだはいきいきしてくる。きものの暮らしを取り戻すことで、からだが変わるのです。

目次

必要なのは決意だけである
突然の決意
歩くということ
寒暖の差
雨の日
雨の日、その後
わき、えり、すそ
きものは苦しいのか
ポケット
むね〔ほか〕

著者等紹介

三砂ちづる[ミサゴチズル]
1958年、山口県生まれ。兵庫県西宮市で育つ。京都薬科大学卒業。ロンドン大学PhD(疫学)。津田塾大学国際関係学科教授。専門は疫学、母子保健(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

きものであなたのからだが変わる! 快適で豊かな生活を送るために、著者の体験を綴った「からだにやさしいきもの生活」実践のすすめ

きものであなたのからだが変わる! 快適で豊かな生活を送るために、著者の体験を綴った「からだにやさしいきもの生活」実践のすすめ

【著者紹介】
みさごちづる●1958年、山口県に生まれる。津田塾大学国際関係学科教授。専門は母子保健。著書にはベストセラー『オニババ化する女たち』(光文社新書)、『昔の女はできていた』(宝島社文庫)、『赤ちゃんにおむつはいらない』(勁草書房)、『産みたい人はあたためて』(飛鳥新社)などがある。