講談社文庫<br> 真友

個数:
電子版価格 ¥864
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
真友

  • 鏑木 蓮【著】
  • 価格 ¥864(本体¥800)
  • 講談社(2014/10発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月09日 22時59分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 440p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062779456
  • NDC分類 913.6

内容説明

警察官が自らの拳銃を奪われ射殺された。犯人は同じ府警の刑事だと断定されるも、逃走。被害者の息子・隆史と容疑者の息子・伸人は親友だったが、悲劇によってその仲は決裂する。成長し、父の敵を討つために刑事になった隆史の前に、再びあの拳銃を使用した事件が。苦難を糧にひたむきに生きる者たちを描いた感動作。

著者紹介

鏑木蓮[カブラギレン]
1961年、京都市生まれ。佛教大学文学部国文学科卒業。2006年、『東京ダモイ』で第52回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「父さんが殺された。親友の父親に」二人の人生は二度と交錯しないはずだった。刑事による警官殺しは、さらなる事件へとつながり――

「父さんが殺された。親友の父親に」二人の人生は二度と交錯しないはずだった。刑事による警官殺しは、さらなる事件へとつながり――